初めてお金を借りるなら、どこで借りるといいの?

お金を借りる方法にはいくつかあります。

一番手軽に思えるのは身内や知人からお金を借りるということです。
多くの場合は利息なども考えることもなく貸してもらうことができることが多いでしょう。

しかし、これは基本的には額が少額であるということと信頼関係があるという事が大前提となります。
意外と借りにくいのが身近な人から借りるということなのです。

お金を借りるのでも相当に額が大きいのであれば銀行などから借りるしかありません。
それこそ住宅の購入や大きな買い物をするというようなことですと、それしか方法がないとも言えるでしょう。

そうではなく、日々の生活の中でお金が足りないとか補填したいという思いにいたった場合には、誰にも知られることなくお金を借りたいと思うのが普通です。

初めてお金を借りるということなら銀行や消費者金融のカードローンがおすすめです。

銀行カードローンは金利が低く、申込方法や利用方法も至って簡単です。
何よりも銀行からの借り入れと言うことで安心感は違うということになります。

また消費者金融のカードローンは、金利は銀行に比べて高いもののスピーディーな融資には定評があり、即日融資が可能な場合が多いため、急ぎの時は非常に役に立つと言っても良いでしょう。

多くの大手消費者金融は今時はバックに銀行が付いていますので、以前と比べると安心感があろうかと思われます。

初めての利用の場合は、30日間金利無料などのキャンペーンをしているカードローンもあり、銀行カードローンに比べいろいろなサービスが充実しているのも特徴です。

短期間に少額を借りたい場合は、消費者金融系のカードローンでキャッシングする方が、お得にお金を借りることができるでしょう。

どうしてもお金が必要という場合は借りる金額や返済期間の事も考慮して、あなたに合ったカードローンを選び、賢く利用していきましょう。

初めての方におすすめのカードローン

プロミス

実質年率: 4.5~17.8%
利用限度額: 限度額500万円
融資: 最短即日利用も可能
審査スピード: 最短30分

インターネット上からの申し込みで郵送物なし&来店不要!
また、即日の融資も可能!
はじめてご利用のお客様には金利が30日間0円になるお得なサービスも!
お借入額が50万円以下なら、収入証明書書類不要。
女性オペレーター対応のプロミスはこちら
※男性ユーザーでもご利用いただけます。


アコム

実質年率: 3.0~18.0%
利用限度額: 1万円~800万円
融資: 最短1時間融資可
審査スピード: 最短30分

審査は最短30分でスピーディー!
初めてご契約の方なら、30日間無利息に!契約日翌日から30日間金利がかかりません。
パートやアルバイトでも安定した収入がある方ならお申込み可能!


新生銀行カードローン レイク

実質年率: 4.5~18.0%
利用限度額: 限度額500万円
融資: 最短即日利用可能
審査スピード: 画面上ですぐに結果表示

【専業主婦OK!】
選べるお得な無利息ローン!
初めてご契約の方なら無利息になるサービス!(180日間利息¥0(5万円まで)・30日間利息¥0)
主婦主夫の方でもパートやアルバイトなどで安定した収入がある場合はお申込み可能。


みずほ銀行

実質年率: 3.0~7.0%(※)
利用限度額: 最大限度額1000万円
融資: 最短即日利用可能
審査スピード: 原則即日

【専業主婦OK!】
来店・郵送が不要なWEB完結申し込みが可能に!
WEBなら24時間受付で、最短即日の利用が可能。(※時間帯、審査状況により、翌営業日以降の取扱になる場合があります。)
200万円までのご利用限度額なら収入証明書のご提出は不要。
※エグゼクティブプランの場合。みずほ銀行の住宅ローンに加入していない場合は金利3.5~7.5%
エグゼクティブプランとコンフォートプランは審査の結果によって自動的に振り分けられます。


モビット

モビット

実質年率: 3.0~18.0%
利用限度額: 1万円~800万円
融資: 最短即日利用も可能(※)
審査スピード: 10秒で簡易審査結果表示

電話連絡や郵送物がなしで借りれる!
WEB完結申し込みで利用までがスピーディーに!
最短即日融資OK(※お申込みの曜日、時間帯によっては翌日のお取引になる場合がございます)


キャッシングの即日融資を初めて利用する場合

キャッシングやカードローンによるスピーディーな借り入れを実現させたい場合は、即日融資が可能な消費者金融や銀行を選ぶ必要があります。

即日融資が可能な消費者金融や銀行は限られており、その中から選ぶ必要がありますが初めての利用の場合は注意する必要があるポイントがあるので、契約内容の確認をしっかりと行うようにしましょう。

注意点の一つに申し込むタイミングによっては即日融資が不可能になる場合もある事を知っておいた方が良いでしょう。
また即日中にカードローンに申し込んで利用したい場合は、インターネットからの申し込みではなく、無人契約機を利用して申し込んだ方が良い場合もあります。

現在、キャッシングやカードローンを利用したい場合は、一般的にインターネットを利用した申し込みが主流になっていますが、専用の無人契約機ではカードの発行等もその場で出来るので、スピーディーに借入がしたい場合は利用を考えてみても良いのではないでしょうか。

なるべく人目につかないように申し込みたい場合は、インターネットを利用した申し込みがベストでしょう。
スマートフォンやパソコン等から簡単に申し込みを行うことが可能です。また必要な書類等もメールで送ることができるので、店舗などに行く必要は全くなくなります。

しかしカードの発行に関しては発送になるので届くまでに時間が必要になる事を知っておいた方が良いでしょう。
またキャッシングやカードローンの利用は、初めてなほど金利が有利になる場合があります。

初めての場合は低金利になっている場合や、無金利で利用できる会社もあるので事前の金利チェックは非常に大切です。
各社の金利をしっかりと調べた上で、少しでも低金利で利用できるカードローンやキャッシングを選ぶようにしましょう。

初めての場合は審査などに緊張してしまう方も多いですが、安定した生活基盤がある方は自信を持って審査を受ける事が出来るでしょう。
そして、満足して利用できるように契約内容のしっかり確認をして利用するようにしましょう。

銀行のカードローンでお金を借入れる流れなどについて

カードローンといえば消費者金融が提供しているサービスであると思われがちですが、近頃はカードローンのサービスを提供して、お金を貸し出している銀行が多くなってきています。

銀行が提供するカードローンのサービスは消費者金融のカードローンのサービスに比べると、Web完結の申し込みに対応しているところが、まだ少ないですが近頃は少しずつ増えてきています。
銀行が提供するカードローンでお金を借入れる流れは、消費者金融が提供するカードローンでお金を借入れる流れと多少異なるところがあります。

異なるところというのは、銀行が提供するカードローンを利用して申し込みの手続きをスムーズに進めるためには、口座を持っておく方が有利であることが多いということです。
必ずしも、カードローンのサービスを提供する銀行の口座を持っていなくてもお金を借りることができる場合もありますが、その場合は、カードローンの審査結果が出てから、実際に借りたお金を手に入れることができるまでにかかる時間が違ってくることがあります。

また、消費者金融は土曜日や日曜日、祝日などでもカードローンの申し込みの手続きを受け付けているのがほとんどですが、銀行の場合はWeb完結の申し込みに対応している場合や、一部のネットバンクなどを除いて、平日以外の日にカードローンの申し込みを行うことができません。

しかし、銀行が提供するカードローンのサービスは金利が消費者金融が提供するカードローンより安いというメリットがあります。
消費者金融が提供するカードローンは、審査基準をあまり厳しくしていない分、貸し倒れのリスクに備えて金利を少し高くして資金を確保しているのですが、銀行が提供するカードローンの場合は、審査基準を多少厳しくしているため、貸し倒れのリスクのために備える資金を、あまりたくさん用意する必要がないため、金利が抑えられているという訳です。

このように金利は返済計画に大きく影響を与えるので重視すべきポイントになります。

このページの先頭へ