保証人と担保について

カレンダー初めてお金を借りるとしてもどのくらいの金額を用立てるのかということで、どこに申し込むのか何が必要なのかと言うようなことが変わってきます。
 
金額が比較的少額である銀行や消費者金融のカードローンやキャッシングの場合は
保証人や担保が必要となるようなことはほぼないと思って良いでしょう。
 
基本線としては、そうした商品を申し込む場合は銀行や消費者金融などのバックに付いている信用保証会社の審査をスルーすることが前提となっており保証人や担保は不要となっているのです。
こうした信用保証会社にかかる経費はカードローンなどに設定されている金利分に上乗せされているものだと理解してよいでしょう。
 
住宅ローンや自動車ローンといった比較的大きな金額の借り入れを申し込む場合は担保や保証人が必要となってくる場合があります。
担保は多くの場合は不動産や證券などといったものとなるような場合が多いのですが保証人は連帯保証人となりますので万が一の時にはその人に返済の義務が生じてきますので慎重に保証人は選ばないといけないということになります。
 
基本的に初めてお金を借りるかどうかということは特に有利になる不利になるということはありません。
間違いのないことは借りたお金に関しては当然ながら期日を守って返済をしていくということで、それをきっちりと行うことで社会的な信用も付いてくるということになるのです。
 
保証人などを付けて借り入れをするときは他人に迷惑をかけないように一層、返済に関しては気にかけておくということが重要です。


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ