初めてお金を借りるならどこ TOP > お金を借りる前に知っておこう! > 初めてお金を借りるために必要なもの

初めてお金を借りるために必要なもの

身分証初めてお金を借りるということは多少なりとも緊張することでしょう。
特に銀行や消費者金融などから借り入れをするということになると、一体どのような手続きがあるのか何を揃えないといけないのかがわからないので不安に思うものです。
 
しかし、実際には何も難しいようなことはありません。
普通に生活をしている人なら特別なものは必要ないと思っても良いでしょう。
銀行であれ消費者金融であれまずは申込書に記載もしくはネットなら入力をしていくということから始まります。
生年月日や住所に家族構成、勤務先や勤続年数に他社からの借り入れ金の有無などを申告していきます。
 
初めてお金を借りるのであれば他社借り入れはなしということになるので問題はないのですが申告事項に関しては虚偽の記載がないようにしましょう。
 
本人確認書類が別途必要となります。
これは必ず必要となるので準備をしないといけません。
運転免許証や健康保険証にパスポートに住民基本台帳カードなどが用意できれば、その写しを提出するということになります。
希望する融資額が少額なら必要となるものはこれだけです。
 
ただし、希望額が大きい時とか銀行や消費者金融から申し出があった場合には収入証明書の提出が必要となることもあります。
サラリーマンなら源泉徴収票を自営業者などは課税証明書や所得証明書を税務署や役所に出かけ取得して提出をしなくてはいけません。
 
急いでいる人の場合は予めこれらの書類を取得しておくとスムーズに手続きが進みます。


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ