初めてお金を借りるデメリット

ダメ初めてお金を借りるということになると先ず気になるのは金利の問題です。
銀行などに貯金をしても1%も金利は付きません。
一昔前なら金利だけで生活を出来た人もいたということを考えるとまったく嘘のような金利だといえます。
 
ところが、銀行を始めとして消費者金融なども含めてカードローンやキャッシングを利用すると15%や18%の金利が平気でかかってきます。
これは保証人や担保が不要な金融商品であるとは言ってもかなり高いようにも思えます。
確かに自由度の高い商品なのですが、この点はデメリットだということができるでしょう。
 
カードローンやキャッシングは今ではネットなどからも申し込みや手続きが出来てしまいかなり手軽になっています。
そのうえ、利用するのもネットからも出来ますし、銀行やコンビニのATMさえあればいつでもすぐにカード一枚で借り入れすることが出来てしまいます。
 
これは利便性が高くて良いということにもなるのですが、裏返せば借金を簡単に作りやすくなっているということも言えるわけです。
銀行のキャッシュカードとカードローンのカードを同じように見てしまい、カードローンで借金をしているのにまるでキャッシュカードで自分のお金を引き出しているかのような感覚でついつい利用してしまう人が多いというのもデメリットだといえるかも知れません。
 
初めてお金を借りるのであればこうしたことにならないようにカードローンなどは借金をしているのだという自覚を持って利用することが大切となってくるのです。


おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ